相手の英語が聞き取れない時、どうする? わかったフリをするのだけはやめよう

英語でのコミュニケーション 海外移住のための英語

英語が苦手だったけれど、英語圏へ海外移住したカメグミです

そんなわたしが、英語で人と話している時に「これだけはやめよう」と思っていることを紹介します

それはタイトルのとおり「わかったフリをすること」です。これは相手に対して本当に失礼です

しかし、英語が下手な人がよくやっているのを見かけますし、わたし自身も他人からされたことがあります

この記事では、わかるフリをすることがどう失礼なのか、そしてどう対処すればいいかを、説明します

会話中の「わかったフリ」は何を意味する?

相手の英語が聞き取れない時に、そのまま流してしまうのは、相手に対して「あなたの話に興味がありません」と言っているのと同じです

たとえ、「Yes, yes」「I see」「Sounds great!」など、肯定的な言葉を並べていてもです

なぜなら、相手の発言に対して、同意するにしても、否定するにしても、感想を述べるにしても、意見を言うにしても、相手が言っていることを正確に理解せずに、できるはずがないからです

できるはずがないことを、できているように装うのは、嘘をついているのと同じです

こういった態度は相手にもかならず伝わってしまいます

この人はどうして、わかっていないのにYesと言うんだろう?

この人はどうして、自分の質問に対して答えずに、そうだよね〜と同意を返してくるんだろう?

こんなことをされたら、次から会話したいと思えなくなるのは、普通のことです

英語でなにかを言われてわからなかった時に、わからないまま「Yes」とか「そうだよね」と返してはいけません

英語を聞き取れなかったらどうすればいいのか?

ぜひ聞き返しましょう

わからない時に聞き返すことは、まったく失礼ではありません

わからないままに同意したり相槌を打ったりすることこそが、失礼です

Could you please say that again?

Don’t you mind repeating about that, please?

もしくは、Say it again? でもよいので、とにかく聞き返しましょう

「わからない時にそのままにしない」のは、英語力を上げるためのtipsでもなんでもなく、人と人との間の最低限の礼儀です

聞き取れなかった時に、単語から話題を想像して関係ない話をするのはやめよう

わからない話に「Yes」を連発するのも失礼ですが、同じくらい失礼なのは、あさっての方向へ話をもっていくことです

相手の発言から聞きとれた数個の単語をもとに、話の内容を勝手に想像して、文脈と関係ない話をしてしまう人がいます

単語から話を想像してトンチンカンなことを言ってしまう例

わたしが以前、ヨーロッパのとある国の男性と会話した時の実話です

その人は、あるスポーツをやっていました(ここでは空手ということにしておきます)

カメ「この国にはもう長いの?」

男性「2ヶ月前にきたよ。僕はカラテをサースシティで教えてるんだ」

カメ「へえ、すごいね! カラテはいつから始めたの?」

男性「2ヶ月前だよ」

カメ「え? えーと、いつからカラテを学びはじめたの?」

男性「2ヶ月前!」

カメ「・・・」

わたしは空手に詳しくありませんが、2ヶ月前にはじめた人が先生になれるとは思えません・・・。

この人は、おそらく質問の最初の「When」しか聞きとれないまま、質問を自己流に解釈したのでしょう

カメ「えーと、じゃあ、あなたはどこでカラテを始めたの?」

男性「サースシティだよ!」

ここでも、おそらく「Where」しか聞きとれず、「どこで空手をやっているか」について質問されたと思いこんで応答しているのですね

最終的に、この人に質問を理解してもらい、空手を20年前に母国で始めたと答えてもらうには、翻訳アプリが必要でした

何が問題か?

もし単語から推測で応答して、それが文脈から逸れていると、相手は「わたしが言ったのはこういうことだよ」と話の流れを訂正することになります

あるいは、相手に質問をされたことに気づかず、回答になっていないことを返すと、相手は「わたしは質問をしたんだけど、あなたの答えはなに?」と再確認しなければなりません

このやりとりは、暗に「伝わっていないみたいだね」という指摘を含むので、軌道修正をする側も面倒です

聞き取れなかった時点で、すなおに「もう一回言って」とか「ほかの言葉で言い換えて」と聞き返していれば、相手に無駄な面倒をかけなくて済みます

自分の誤魔化しが原因で、会話の相手に負担をかけたくはありませんよね

もちろん、英語に限らず人と会話する時は、想像力をはたらかせたり、相手の言いたいことを推測で補ったりすることが大切なのは、言うまでもありません

ここで問題にしているのは、それ以前の「何を言っているのかわかっていないのに、無理やり推測して間違った方向へ行く」ことです

なぜ「わかったフリ」をしてしまうのか

わかったフリをしてしまう理由と、「どのような考え方をすれば、わかったフリをやめられるか」について、考えてみましょう

聞き取れなかった時に質問をして、会話の流れを中断するのが気まずい

わかります。話し手が盛り上がっているところで、自分が付いていけないからと中断するのは、居心地が悪いですよね

ノリが悪くなるのもいやだし・・・

でも、わからないままノリだけで話が進んで、後から「何もわかっていないのに頷いていた」とバレるほうが、ずっと居心地の悪い思いをすることになります

聞き返して、バカだと思われるのがいやだ

これも、よくある感情だと思います

特に、相手が何も難しい話をしていない(はずな)のに、聞き取れないと、聞き返すことを躊躇してしまうわけですね

しかし、そういう気持ちになった時は、「わからないことをわかったフリして流すほうが、バカだと思われる」と考えて、素直に聞き返すことをおすすめします

なんども聞き返すのが申し訳ない

じつは、この考えが一番やっかいだと思います

「なんども聞き返すのが申し訳ないから、ついわかっているフリをしてしまうんです」という人がいます

これは、「申し訳ない」と述べている気持ちの裏にある、本当の気持ちに向き合う必要があるでしょう

一体、何が申し訳ないのでしょうか。

まず、「何度も聞き返されたら、不快になるはずだ」と憶測するのをやめましょう

それは、その程度のことで不快になる器の小さい人だ、と相手のことを決めつける態度です

次に、「何度も聞き返したら、いやな顔をされそう」という予測について、それが何を意味するのか考えてみましょう

それは、「いやな顔をされて、わたし自身が傷つくのがいやだ」ということではないでしょうか?

目の前の人と心の通うコミュニケーションをとるよりも、自分自身が居心地のよい状態にあるほうが大事でしょうか?

「申し訳ない」と言いながら、自分を守ることしか考えていない。これではコミュニケーションを取れません

いやな顔をされてつらい思いをすることは、実際にあると思います

しかし、だからといってコミュニケーションをあきらめるのではなく、向き合ったほうが、人生を豊かにできるのではないかと思います

翻訳アプリや筆談を使うほうがまだマシ

なぜなら、コミュニケーションをとる気があるからです

相手の英語が聞き取れなかった時に、スマートフォンを取り出して翻訳アプリを使ったり、メモ帳アプリで筆談を試みたり、音声認識機能で文字に起こしてみたりすることは、わかったフリをすることにくらべればずっとよいです

相手の言ったことを流して無視するのではなく、理解しようとしているわけですから

英語を聞き取れない問題を解決するには、学習を続けるしかありません

しかし、短期的には、「わかったフリをする」よりは、テクノロジーに頼るほうが、遥かによいとわたしは思います

英語が聞き取れない時に気をつけたほうがよいこと まとめ

相手の英語を聞き取れない時に、わかったフリをして流すのはやめましょう

「Yes」の連呼も、単語から話を憶測して話すのも、同じくらい相手に失礼です

ついクセでわかっているフリをしてしまう人は、なぜわかったフリをしてしまうのか、自分の心の動きを観察して、コミュニケーションを取る相手に向き合うようにしましょう

意識することで、行動を少しずつ変えることができます

そして、それができるようになるまでの間は、スマートフォンアプリなどのテクノロジーに頼るのも大事です

コミュニケーションを取ろうという気持ちが相手に伝われば、きっと会話を楽しめると思います

お読みいただき、ありがとうございました